« パンダカレンダー12月 | トップページ | 食べたいけど・・ »

2007/12/02

スピード

E-3で当社比大幅に向上したAF性能でレッサーパンダを撮ってきた。

まずは動体予測AF。

Sb250519

E-330では苦労させられた、動き回るシーンファ母さん。

逆光下の厳しい条件ですが、容易に撮れます。

01386

こうした動きのあるシーンも積極的に狙っていけます。

01503

パンダの走ってるところ。

まぁこれについては、カメラの性能云々よりも

01505

私の腕では選択した中央の測距点で捉え続けることができないので、結局のところわかりませんでした。

Sb291253

AFの正確さは、

被写界深度の浅い望遠撮影でも、小屋の中のパンダ、明るさはISO400・F3.5・1/60sに一発で合います。それもそのはずE-3のAF作動範囲は”-2EV~”これは例えばISO100で絞り値がF2.8だったら30秒の露光が必要な撮影条件でもAFが使えることになります。

AFの速度も速くなってます。

超音波モーター採用レンズは言うに及ばずとして、従来型モーターのレンズでも見た目にも速いうえに、モーター音も甲高くなって”あんまり使いすぎると煙でも吹くんじゃないか”と思うぐらいのスピードです。

スピードと言えば連写も秒間5コマ・・・

01606

仲良し姉妹のウマーな表情も容易に撮れます。

でも調子にのって連写すると、40枚くらい同じような写真が続きます。

ちなみに動体予測時は3.5~4コマくらいに落ちます。

Sb291523

最後に手ブレ補正について追試しました。

換算400mm相当を1/15s、ピクセル等倍で見てもブレてません。

確かに5段分です。

シャッタースピードが遅すぎて、パンダの撮影では寝ているところぐらいしか使えませんが、超望遠域をスローシャッターで撮れるのは、かなり凄いような気がします。

(OLYMPUS E-3  ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5)

|

« パンダカレンダー12月 | トップページ | 食べたいけど・・ »

コメント

E-330とは格段の差ですね。
AF速度や連写枚数、低照度での合焦、そして輝度差にも強くなっているようで、ホントうらやましい限りですよ~~っ♪
今年のデジ眼は各社、白飛びや黒潰れが改善されてる感じがしますね。
レッサーパンダ・ファンにとっては嬉しい限り。
で、ヨダレたらたらっ(笑)

投稿: ぴっぴ | 2007/12/10 16:01

E-3のAFセンサーは化け物ですね(笑)
撮像素子自体のダイナミックレンジも拡がっているようです。
見かけ上のレンジを拡げるSATも使ってみましたけど、白トビしないように露出を抑えて撮っても、足の黒い部分の毛並みも写って、今まで見たこともないような立体感でした。

>で、ヨダレたらたらっ(笑)
あ~でもE-3買っちゃうとSWDレンズも欲しくなっちゃうでしょうし、、、(汗)

ところで雨の日でも傘なしで撮れるようになったのですが、今度の1号舎の住人は雨が降るとお部屋に入っちゃうパンダ達になってしまいました(・_・;

投稿: やすお | 2007/12/10 21:09

この記事へのコメントは終了しました。

« パンダカレンダー12月 | トップページ | 食べたいけど・・ »