« 樹氷まつり | トップページ | お茶目さん »

2008/01/21

筋肉ウェーブドライブ

超音波モーターでフォーカス駆動を行い、オリンパスE-3の高速オードフォーカスを最大限発揮する標準ズームに続いて、新望遠ズームレンズが発売になりました。

P1216558

SWD(スーパーソニックウェーブドライブ)・・・最後の”ドライブ”というのがなんとも響きがいいですが、各社では”ウルトラソニックモーター”や”ハイパーソニックモーター”と”~モーター”と呼ばれる機構です。

オリンパスだけ”~ドライブ”と名付けているのは、「直接、超音波モーターでレンズを駆動するのは我が社だけ、他社さんのように単に超音波モーターを搭載してるんじゃないんですよ。」と言う思いが感じ取れます。

旧モデルよりフードが大きくなって、強い逆光でもフード内で反射してフレアがでることがなくなりました。強い逆光での撮影に備えてケンコーのセルフサンシェード(・・・外部ストロボをつけるホットシューに取り付けて、伸縮自在の棒の先端にハレ切り板が付いている、チョウチンアンコウみたいなやつ。)を用意したんだけど、使う必要はなくなった。

ところで・・・

S1068195

市川市動植物園の2号舎と4号舎には檻があります。檻が太陽の光を反射して、盛大に写りこみます。この檻にセルフサンシェードの影をおとすと・・・

S1199819

となりのカツオくんの檻に近づいてキュルルルル~と鳴くシーンファちゃん。

檻が目立たなくなりました。付属のハレ切り板もそんなに大きくはないし、効果が出る条件は限られるけど、工夫すれば2号舎攻略に一歩近づいた感じ。

ちなみに4号舎で使おうとすると・・・

S1199576

ハレ切り板をメイファちゃんに殴られます。

最新のSWDレンズでも、もっとレンズを檻に近づけなければオートフォーカスは使えません。・・・迷いながらもシュピシュピ、ピント合うんじゃないかと思ったけど。

そこで、レンズを近づけられない2号舎では・・・

S1199827

となりのシーンファちゃんの檻を覗き込むカツオくん。

手動でのフォーカス駆動・・・筋肉ウェーブドライブを使います。

S1199838

金網によじ登って、もっとよく覗き込むカツオくん。

E-3の見やすいファインダーならマニュアルフォーカスも容易にできます。ピントの追い込みには時間かかるけど、そのうち慣れるといいですね。と、いうところ。

そんなところで、じゃSWDレンズの高速AFを試してみますか・・・と、撮りやすい1号舎に、

S1199503

寝てます。

狭い小屋、3頭で川の字に寝るならまだわかるけど、3頭とも丸まったまんま並んでます。

ハオくんははみ出て、リンタくんは縦に丸まってる状態。

他のお客さんはとくになんとも思わない様子で「あら、寝てるね~。」と言って通り過ぎるだけ。まさか、これがパンダ3頭だとは思っていないんだろうか・・・。

|

« 樹氷まつり | トップページ | お茶目さん »

コメント

セルフサンシェードの効果大ですねぇ♪
私は人がいない時なら黒い傘で日陰を作って撮ったりもしてましたが、最近手抜きで全然やってません ^^;
セルフサンシェードの方が場所も取らないし、人がいても使えるから良いかも。 (ちょっと高いんですよねぇ…)

せっかくのSWDレンズもその性能を活かしきれない困った悪ガキトリオですね(笑)
母娘達の時は上下に分かれて寝てたりもしたけど、この三頭は結局くっついていたいのですね。

投稿: ぴっぴ | 2008/01/23 20:47

傘だといつも持ち歩くとなると、邪魔になりそうですね。
ガラス越しの撮影でも使えるように、蛇腹フードにしようかとも思ったんですが、やっぱり持ち歩くのが大変になりそうなのでやめました。

悪ガキ達も、1号舎に引っ越したら大人しく見えちゃいますね。
狭いところなのに、ギュウギュウで三頭一緒に寝てます。
パンダだから微笑ましいですが、人間だったらちょっと地獄絵図ですね。

投稿: やすお | 2008/01/24 22:31

この記事へのコメントは終了しました。

« 樹氷まつり | トップページ | お茶目さん »