« 短い | トップページ | 花言葉 »

2008/10/05

ヒガンバナ

朝晩の涼しさに秋を感じる、今日この頃、
秋を感じる花のひとつ、ヒガンバナ。
T9282310
市川市動植物園でもひっそりとヒガンバナが植えられています。
ヒガンバナは毒性を持つことから、モグラ除けとして墓地などに植えられることも多く、別名”死人花”や”幽霊花”などと呼ばれ、不吉な花とされてることもあります。
それなので私もこの写真に出番があるとは思ってもみませんでした。

そんな花が咲く中、ここ市川動物園で1頭のレッサーパンダがこの世から旅立ちました。
千葉の赤ちゃんの紹介もひと段落して、
今回はいよいよ市川の双子達と思っていた矢先でした。

T9281892
市川の双子達は千葉に負けないくらい元気です。
こちらの木にぶら下がっているのはシーンファ母さんの赤ちゃん。
T9281900
下の枝に降りたいけど、なかなか届かず前足を懸命に伸ばします。

T9281909
シーンファ母さんも心配そうに下から見上げています。

Ta043427
普通に歩くのだってヨチヨチした感じの赤ちゃん達。
それでも檻の隅っこの狭いところを歩こうとして、
Ta043430
転げ落ちてしまいました。

Ta043555
危なっかしくってシーンファ母さんも目が離せません。

S9282064
子供達を寝かしつけても放飼場内を見回るシーンファ母さん。

Ta043457
子供達に毛繕いだって欠かしません。
赤ちゃん達に、まだまだたくさんやることがあるはずのシーンファ母さんが、
本日急死したそうです。
動物飼育日誌2008年10月 (市川市動植物園HP)

|

« 短い | トップページ | 花言葉 »

コメント

この美しきオモロパンダが居なくなる日が来るなんて、考えた事も無かったです・・・

投稿: げろっぱ | 2008/10/05 23:48

ショックです。
土曜日もいましたよね、やすおさん。
あくしゅしようかと思いつつ声かけられずじまいでしたが。
ナミの仔に夢中でシンファと仔たちはあまり追いかけずに帰ってしまったのが悔やまれます。
まだまだ働き盛りなのに・・
来週は献笹でもしたい気分です。

投稿: ATE | 2008/10/06 00:59

悲しくて、残念で…。
死因を知り、いつも子供達を優しい眼差しで見守っていたシーンファ母さんだから、何かの拍子に子供を守ろうとして、無理な体勢をとってしまったのだろうか…と未だ整理のつかない頭の中で考えたりしました。どうか天国で安らかに…。

投稿: 千恵 | 2008/10/06 14:04

げろっぱさん。
私も未だに公式HPの”シーンファ急死”の意味が正確に理解できません。
あまりにも早く、急なことで認めたくないようです。

ATEさん。
土曜日いました。
よく私だとわかりましたね。。。
私もこの日は、子供達がお部屋に入る頃、まだシーンファ母さんが見回りをしていましたけど、早々に引き上げてしまいました。
誰もこんな事になるなんて思っても見ないから無理もないですよね。
笹は入手が難しいですが、リンゴなら供えたいです。

千恵さん。
認めたくないはずなのに、今も時々涙が出てきます。
シーンファ母さんが最期にどんな光景を見たのか気になりますね。
赤ちゃん達の元気な表情に安心したのか、心配そうな表情を見せられて無念だったのか。
きっと天国でも子供達を見守っているんでしょうね。

投稿: やすお | 2008/10/06 20:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 短い | トップページ | 花言葉 »