« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/29

パンダカレンダー2月

レッサーパンダ壁紙カレンダー。
2月分は王子ZOOのジャズくんとメロディちゃん。
Panda1802jazmelody

|

2018/01/28

リンゴタイム

神戸市立王子動物園のレッサーパンダ。
Pc240286
飼育員さんに飛びついてリンゴを貰う子供たち。

Pc240293
リンゴ美味しそうだね~。

Pc240295
ミンファちゃんは木の上で貰います。

Pc240296
子供たちはリンゴがなくなっても
飼育員さんから離れないですよ。

Pc240318
笹もモリモリ食べちゃいます。

Pc240323
別の展示場でリンゴを貰うガイアくん。
大きく開くお口だね~。

Pc240324
小屋の中で落ち着いて食べます。

Pc240330
食べ終わるとまた飼育員さんのところに貰いに来ますよ。

(OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO)

今回も道の駅西山公園と名神高速吹田SAで車中泊でした。

|

2018/01/21

遊びます

神戸市立王子動物園のレッサーパンダ。
Pc240218
お母さんには遊んでもらえなくても、
子供たちは遊んでますよ。

Pc240230
うきゃ~っと、

Pc240231
お母さんを呼んでみますが、、

Pc240232
ミンファちゃん、そのまま素通りです。

Pc240233
子供たちだけで噛んだり噛みつかれたりだね~。

Pc240255
枯草をみつけては今度は一人遊び、、、
前足で握ったり、

Pc240256
後足と前足で挟んだり、

Pc240259
口でくわえてみたりです。

(OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO)

|

2018/01/15

ジャズくん、メロディちゃん

神戸市立王子動物園のレッサーパンダ。
Pc240136
去年7月に生まれたジャズくんとメロディちゃん。

Pc240156
ミンファちゃんの赤ちゃん、久しぶりの双子だね~。
どっちが男の子かわかりませんが、やんちゃそうな子と、

Pc240160
おとなしそうな子。

Pc240161
2頭一緒に笹も食べますよ。

Pc240171
木登りもします。
遠くを眺めてみたり、

Pc240172
枝を味見してみたりです。

Pc240177
そこへ様子を見に来たミンファちゃん。

Pc240179
あらっ?何やら後頭部引っ張られてるかしら。

Pc240193
だいたいミンファちゃんは子供たちと遊ばす、
運動場を散歩していることが多かったですね。

(OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO)

|

2018/01/08

お隣さん

鯖江市西山動物園のレッサーパンダ。
お外のパンダさん達。
Pc230036
モッチーくん、、、

Pc230112
お散歩したり、高い所に登って周りの様子を見たりです。

Pc230043
こちらはライトくん。

Pc230105
木に登って周りの様子をみたり、お昼寝したりです。

Pc230055
今回は一人暮らしのヤンヤンくん。

Pc230101
いつも通り運動場の端っこでリラックスですかね。

Pc230037
ムータンくんと一緒に笹を食べるティアラちゃん。

Pc230039
笹ウマウマ。

Pc230066
ミルキーちゃんはお散歩したり、

Pc230096
板の上でマッタリ休んだりです。

Pc230073
たいようくんは隣のお部屋でリラックスでしたよ。

(OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO)

|

2018/01/01

梅香ちゃん

鯖江市西山動物園のレッサーパンダ。
宇都宮からでも車で7時間くらいですかね。
Pc230001
子パンダの石像も出来てました。

Pc230004
レッサーパンダのいえには
去年の6月に生まれためいしゃん(梅香)ちゃん。

Pc230009
お母さんのキラリちゃんにべったりです。

Pc230092
眠そうにまどろんでいても、、、

Pc230093
お母さんが離れると後をついて行きます。

Pc230014
ハシゴの間から下を覗いたり、

Pc230078
つり橋なんかもお気に入りですかね。
かじってみたり、

Pc230098
寝転がってみたりです。

Pc230127
お気に入りの場所にいるお母さんにチョッカイ出したりもします。

(OLYMPUS E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO)

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »